2000年度1級

2000年度1級
文字・語彙




問題Ⅰ 次の文の________をつけた言葉は、どのように読みますか。
その読み方をそれぞれの、1・2・3・4から一っ選びなさい。


問1・自然が①滅んでいくのを防ぐには、②嘆くだけではいけない。これ以上の③悲惨な状況を④避けるために行動を起こそう。
(1).滅んで 1.いたんで 2.およんで 3.ほろんで  4.ゆるんで
Q1
(2).嘆く 1.なく  2.なげく 3.わく  4.わめく
Q2
(3).悲惨な 1.ぴざんな 2.ぴさんな 3.ひざんな  4.ひさんな
Q3
(4).避ける 1.ぬける  2.さける  3.のける  4.よける
Q4
問2・その僧は、さまざまな寺を①巡りながら、自分に②妥協せず③辛抱強く④修行を続けた。
(1).巡り  1.さわり 2.たどり 3.まわり  4.めぐり
Q5
(2).妥協 1.じゃきょう  2.じゅきょう  3.だきょう 4.どきょう
Q6
(3).辛抱 1.じぽう  2.じぽう  3.しんぽう  4.しんぼう
Q7
(4).修行 1.しゅうきょう  2.しゅぎょう  3.しゅうこう 4.しゅこう
Q8
問3・山の空は①澄み、光を②遮る雲ひとつない。
(1).澄み 1.かすみ  2.すずみ  3.すみ 4.とみ
Q9
(2).遮る 1.さえぎる 2.さまたげる  3.へだてる 4.やわらげる
Q10
問4・  ①浜辺で若い男女が②貝殻を拾っているそばを、子どもたちが③駆けていった。
(1).浜辺 1.はまべ  2.はまへん 3.ひんべ 4.ひんぺん
Q11
(2).貝殻 1.かいかく 2.かいがく 3.かいから 4.かいがら
Q12
(3).駆けて  1.かけて  2.しかけて 3.つけて  4.ふざけて
Q13
問5・この会社では、現在優秀な①人材を②募っている。
(1).人材 1.じんさい 2.じんざい 3.にんさい  4.にんざい
Q14
(2).募って  1.いのって 2.したって 3.つのって 4.やとって
Q15


問題II 次の文の下線________をつけた言葉は、ひらがなでどう書きますか。
同じひらがなで書く言葉を、1・2・3・4から一つ選びなさい。


(1).学生のときもっと勉強しておけばよかったと後悔している。
1.古米  2.国会  3.誤解  4.航海
Q16
(2).油が酸化して、味が落ちた。
1.参加 2.噴火 3.眼科 4.豪華
Q17
(3).この肉は脂肪が多くて、健康によくない。
1.司法  2.志望  3.逃亡  4.窮乏
Q18
(4).河川の汚れが問題になっている。
1.下線  2.火山  3.加減  4.課税
Q19
(5).さまざまな規制を緩和しようという動きがある。
1.神話  2.童話  3.漢和  4.温和
Q20


問題Ⅲ 次の文の下線________をつけた言葉は、とのような漢字を書きますか。
その漢字をそれぞれの1・2・3・4から一つ選びなさい。


問1・私は、①ていこうして②あばれる犯人を押さえ込んだ③ゆうかんな父を④ほこりに思う。
(1).ていこう  1.抵抗 2.抵攻 3.邸坑 4.邸巧
Q21
(2).あばれる 1.妨れる 2.荒れる 3.暴れる 4.奮れる
Q22
(3).ゆうかんな  1.勇肝な 2.勇敢な 3.雄肝な 4.雄敢な
Q23
(4).ほこり  1.賞り  2.誉り  3.誇り  4.褒り
Q24
問2・①しょうがいを②こくふくして、社会に③こうけんした人の伝記を読み、非常に④はげまされた。
(1).しょうがい 1.障害 2.障慨 3.彰害 4.彰慨
Q25
(2).こくふく 1.刻服 2.刻覆 3.克服 4.克覆
Q26
(3).こうけん  1.公賢 2.公献 3.貢賢 4.貢献
Q27
(4).はげまされた 1.努まされた  2.励まされた 3.勧まされた 4.激まされた
Q28
問3・若いころは家庭を①かえりみることなく働いていたが、最近は強い家族関係を②きずくことの大切さを③つうかんするようになった。
(1).かえりみる  1.観みる 2.顧みる 3.慮みる 4.鑑みる
Q29
(2).きずく  1.気付く 2.傷く  3.建く  4.築く
Q30
(3).つうかん  1.通貫 2.通感 3.痛貫 4.痛感
Q31
問4・古代の①ぎしきに使われたと思われる②あざやかな ③いしょうが④さばくから発掘された。
(1).ぎしき 1.議式 2.犠式 3.儀式 4.義式
Q32
(2).あざやかな 1.濃やかな 2.彩やかな 3.透やかな 4.鮮やかな
Q33
(3).いしょう 1.衣装  2.衣裂 3.依装 4.依裂
Q34
(4).さばく 1.硫模 2.硫漠 3.砂模 4.砂漠
Q35


問題IV 次の文の下線をつけた言葉の二重線________の部分は、とのような漢字を書きますか。
同じ漢字を使うものを1・2・3・4から一つ選びなさい。


(1).彼がピアノのコンクールで優勝すると(かく)しんしている。
1.今年の冬はひ(かく)てき過ごしやすい。
2.明日の会議に何人出るか、もう一度(かく)にんしよう。
3.よく準備した結果、試験にごう(かく)した。
4.次回のオリンピックでメダル(かく)とくを目指している。
Q36
(2).(いん)りょくとは、物体が互いにひっぱりあう力である。
1.映画館がまん(いん)で入れなかった。
2.二国間の条約がまとまり、後はちょう(いん)しきを待つばかりだ。
3.経済が悪化するのには、いろいろなよう(いん)が考えられる。
4.この言葉がどこに出ているか、さく(いん)で調べなさい。
Q37
(3).この土地は国がしょ(ゆう)している。
1.(ゆう)やけが美しい。
2.アルバイトをする時間的よ(ゆう)がない。
3.先生から(ゆう)えきなご意見をいただいた。
4.今はアルバイトより勉強を(ゆう)せんさせたい。
Q38
(4).夏の日に水をまいてもすぐ(じょう)はつしてしまう。
1.これは(じょう)りゅうして作った酒です。
2.か(じょう)な宣伝はやめるべきだ。
3.この店はよくはん(じょう)している。
4.この部屋のてん(じょう)は低い。
Q39
(5).この国では、(せい)みつ機械を輸出している。
1.この学校には(せい)ふくがある。
2.子どもたちを校庭に(せい)れつさせた。
3.災害にあい、外国に援助をよう(せい)した。
4.買い物をして(せい)さんをすませたら、お金がなくなった。
Q40


問題V 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

(1).あの選手は、走る________がとてもきれいだ。
1.フォーム  2.ポーズ 3.ポジション 4.コントロール
Q41
(2).この辞書は、今いちばん________がある日本語の辞書と言われている。
1.威力  2.迫力  3.権威  4.権限
Q42
(3).佐藤さんは、ホテルの予約が難しいと聞いただけで、________旅行をあきらめた。
1.あっさり 2.うんざり  3.げっそり  4.じっくり
Q43
(4).あの店員は、来たばかりのころは自信なさそうに________していたが、今はすっかり落ち着いた。
1.いやいや  2.おどおど  3.ぐずぐず  4.だらだら
Q44
(5).こういう話は一度________と、まとまらなくなる。
1.みだれる  2.ねじれる  3.はずれる  4.こじれる
Q45
(6).事務所ではアルバイトを2名________している。
1.案内  2.応募  3.募集  4.捜索
Q46
(7).初めて会った瞬間、________的にこの人とはうまくいくと思った。
1.主観  2.悲観  3.予感  4.直感
Q47
(8).山田さんは、自分の子どもがときどき理解できないと言う。私も________だ。
1.同感  2.同情  3.共感   4.共鳴
Q48
(9).テレビが洪水の状況を________に映し出している。 1.ありかた  2.ありさま  3.ありのまま 4.ありよう
Q49
(10).もっと________を広げて、自分のからに閉じこもらないようにしなさい。
1.見地  2.視野  3.視点  4.観点
Q50
(11).田中さんは一生信念を________。 1.はたした  2.うちこんだ 3.やりとげた 4.つちぬいた
Q51
(12).イヌとネコのどちらが好きかと聞かれても困るが、________選ぶならネコだ。
1.たとえ 2.まさに 3.しいて  4.ひいては
Q52
(13).この仕事には特別な資格はいらないが、日本語がある程度できることが________。
1.のぞましい 2.ふさわしい 3.まちどおしい  4.めざましい 
Q53
(14).高速道路で制限速度を50キロ________して走り、スピード違反でつかまった。
1.アップ 2.オーバー  3.マーク 4.チェンジ
Q54
(15).並んで順番を待っている人の列に________、文句を言われた。
1.おしこんだら 2.のりこんだら 3.ふみこんだら 4.わりこんだら
Q55


問題Ⅵ 次の(1)から(5)のの言葉の意味が、それぞれのはじめの文と最も近い意味で使われている文を、1・2・3・4 から一つ選びなさい。

(1).せかい……悩んでいるのは自分だけではないと知って、せかいがひらけた感じがした。
1.まだまだ我々の知らないせかいがたくさんある。
2.日本のニュースに続いてせかいのニュースが放送される。
3.どんなすばらしい選手でも必ずおとろえる。勝負のせかいはきびしい。
4.定年になったら、夫婦でせかい一周の船の旅をしようと計画している。
Q56
(2).くに……都会にいると、くにの親が送ってくれるいなかの食べ物がほんとうにうれしい。
1.この町にはいろいろなくにの人が住んでいる。
2.くにをあげて観光事業に取り組んでいる。
3.仲間が集まると、みんながくにの名物や祭りの自慢をしてにぎやかだ。
4.子どものときサーカスに行った。何もかもふしぎでおもしろく、夢のくにに来たかと思った。
Q57
(3).ひく……あの人は人目をひくかっこうをするのが好きだ。
1. 5から3をひくと2になる。
2.なべを温めてから油をひいた。
3.8歳の女の子からの投書が、私の注意をひいた。
4.いなかの父は、自分の家のふろに温泉をひいている。
Q58
(4).しぶい……二人とも踊りの名人だが、一方はしぶくて、一方ははでだ。
1.お茶を濃くいれすぎるとしぶくなる。
2.今度のニュース解説者は、ネクタイの趣味がしぶい。
3.あの人は運動の趣旨には大いに賛成してくれたけれど、寄付はしぶかった。
4.オートバイを買ったと報告したら、父母はしぶい顔をした。
Q59
(5).なげる……あの人のことはもうなげている。何を言ってもむだだ。
1.うちのイヌは、ボールをなげてやると喜んで追いかける。
2.まじめな職業の代表と思われていた銀行員の犯罪は、社会に話題をなげた。
3.すもうでは、からだの大きな人が小さな人になげられたりするからおもしろい。
4.手伝うと言っておいて、途中でなげられては困る。ちゃんと最後までやってほしい。
Q60


問題Ⅶ 次の(1)から(5)の言葉の使い方として最も適当なものを、それぞれの1・2・3・4から一つ選びなさい。

(1). なんとか  
1.難しい試験だったが、なんとか合格することができた。
2.なんとかいいことがありそうな気がする。
3.あの人はなんとか好きになれない。
4.近ごろなんとか胃の調子がおかしい。
Q61
(2). 極端
1.極端なダイエットはからだに悪い。
2.あの人は、大好きか大嫌いかで中間がない。極端的だ。
3.南極と北極は地球の極端だ。
4.極端ぶって過激なことばかりする。
Q62
(3). ぽつぽつ
1.きょうは一日何もしないでぽつぼつした。
2.ぽつぽつ映画が始まった。
3.日曜日の公園ではぽつぽつと人が散歩していた。
4.ぽつぽつ始めましょう。
Q63
(4). とぐ
1.くもっためがねをはずして、ハンカチでといだ。
2.うちの包丁はといであるからよく切れる。
3.からだをといで筋肉をつけた。
4.感覚がにぶらないように、いつもといでおかないといけない。
Q64
(5). わざわざ
1.となりの席の子どもがわざわざ私の足を踏んだ。
2.電話がないので、わざわざと公衆電話で電話をする。
3.あんなつまらない本をわざわざ買うことはない。
4.友だちはわざわざ近所まで来たのに、寄ってくれなかった。
Q65
  • Tra Từ            
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS

App 4.0 ↓
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS 4.3