1998年度1級

1998年度1級
文字・語彙




問題Ⅰ 次の文の________をつけた言葉は、どのように読みますか。
その読み方をそれぞれの、1・2・3・4から一っ選びなさい。


問1・①栄養の②偏りによるビタミン③欠乏の④症状が見られたので食生活の⑤改善を指導した。
(1).栄養 1.えいゆう 2.えいよう 3.えんゆう 4.えんよう
Q1
(2).偏り 1.さわり 2.へんり 3.かたより 4.とどこおり
Q2
(3).欠乏 1.けっびん 2.けっぽう 3.けつびん 4.けつぼう
Q3
(4).症状 1.せじょう 2.せいじょう 3.しょじょう 4.しょうじょう
Q4
(5).改善 1.かいぜん 2.かいせん 3.こうぜん 4.こうせん
Q5
問2・①伝統的な文化の②枠をこえて③物事を考えるのはむずかしいことだ。
(1).伝統的な 1.てんとうてきな 2.てんどうてきな 3.でんとうてきな 4.でんどうてきな
Q6
(2).枠 1.いき 2.すい 3.せん 4.わぐ
Q7
(3).物事 1.ものごと 2.もつごと 3.もつじ 4.ぷつじ
Q8
問3・田中さんは、オリンピックの選手を①志して、小さいころかちコーチについて②技を③磨いてきた。
(1).志して 1.しして 2.めざして 3.もたちして 4.こころざして
Q9
(2).技 1.うで 2.えだ 3.すべ 4.わざ
Q10
(3).磨いて 1.くだいて 2.みがいて 3.はいて 4.ふいて
Q11
問4・会の存続について冒頭から激しい議論がかわされたが、司会者のてぎわがよぐ、会議は円滑に進み、折衷案ながらも結論が出せた。
(1).存続 1.さいそく 2.ざいそく 3.そんぞく 4.ぞんそぐ
Q12
(2).冒頭 1.ぽっとう 2.ぼうとう 3.ぼくず 4.ぽうず
Q13
(3).円滑 1.えんかつ 2.えんきつ 3.えんけつ 4.えんこつ
Q14
(4).折衷 1.せっすい 2.せっそく 3.せっちゅう 4.せっちょう
Q15


問題II 次の文の________をつけた言葉は、ひらがなでとう書きますか。
同じひらがなで書く言葉を、1・2・3・4から一つ選びなさい。


(1).この商店街には、人がおおぜい買い物に来る。
1.進展 2.晴天 3.原典 4.焦点
Q16
(2).丘陵を切り開いて住宅地にした。
1.休憩 2.急流 3.宮殿 4.給料
Q17
(3).これまでの経緯を説明した。
1.行為 2.敬意 3.後期 4.換気
Q18
(4).富豪だからといって、しあわせだとはかぎらない。
1.不幸 2.布告 3.符号 4.復興
Q19
(5).ここでの毎朝の起床時間は6時だ。
1.気象 2.貴重 3.寄贈 4.偽造
Q20


問題Ⅲ 次の文の_______をつけた言葉は、とのような漢字を書きますか。
その漢字をそれぞれの1・2・3・4から一つ選びなさい。


問1・彼は①とくはいんとしてニュースを正しく②ほうどうすることに③しめいかんを持っている.。
(1).とくはいん 1.特波員 2.特派員 3.督波員 4.督派員
Q21
(2).ほうどう  1.放道 2.放導 3.報道 4.報導
Q22
(3).しめいかん 1.使命感 2.使命観 3.死命感 4.死命観
Q23
問2・ゆうべのコンサートでは、ピアノの①えんそうに合わせて詩の②ろうどくをするという新しい③ こころみが行われた。
(1).えんそう  1.演泰 2.演奏 3.演奉 4.演秦
Q24
(2).ろうどく 1.朗読 2.郎読 3.浪読 4.狼読
Q25
(3).こころみ  1.訓み 2.試み 3.誠み 4.誘み
Q26
問3・生活のリズムが①くるって、②まんせいの③すいみん不足になってしまった。
(1).くるって 1.狂って 2.乱って 3.惑って 4.迷って
Q27
(2).まんせい  1.穏性 2.隠性 3.慢性 4.漫性
Q28
(3).すいみん  1.衰眠 2.遂眠 3.酔眠 4.睡眠
Q29
問4・高齢化に伴う①かそかと産業活動の停滞との②あくじゅんかんから③だっすることが、人々の④せつじつな願いとなっている。
(1).かそか 1.加粗化 2.加疎化 3.過粗化 4.過疎化
Q30
(2).あくじゅんかん
1.悪順環 2.悪順還 3.悪循環 4.悪循還
Q31
(3).だっする  1.脱する 2.達する 3.奪する 4.滅する
Q32
(4).せつじつな 1.切実な 2.接実な 3.設実な 4.節実な
Q33
問5・副社長はライバル会社との①がっぺいに②きょうこうに反対した。
(1). がっぺい  1.合並 2.合塀 3.合併 4.合幣
Q34
(2).きょうこうに 1.強行に 2.強攻に 3.強抗に 4.強硬に
Q35


問題Ⅳ 次の文のをつけた言葉の二重線( )の部分は、とのような漢字を書きますか。
同じ漢字を使うものを、1・2・3・4 から一っ選びなさい。


(1).暑いので、れい(ぼう)をつけた。
1.虫歯のよ(ぽう)には、よく歯をみがくことが大切です。
2.ぶん(ぽう)ぐやでノートと鉛筆を買った。
3.毎日た(ぽう)な日々を過ごしている。
4.ね(ぽう)して、遅刻しそうになった。
Q36
(2).何かがっ(き)が弾けますか。
1.新しい(き)かくを提案した。
2.今日は(き)ろくてきな暑さだった。
3.(き)かいがあったら、北海道へ行ってみたい.。
4.友だちは(き)ようにセーターを編みあげた。
Q37
(3).大臣は災害の現場をし(さつ)した。
1.住民たちとの間でま(さつ)が絶えない。
2.この映画は海外で(さつ)えいしたそうだ。
3.しん(さつ)しつに入ってください。
4.いん(さつ)技術が進歩した。
Q38
(4).客に(おう)せつしつで待ってもらった。
1.(おう)ふく切符を買う。
2.サッカーの(おう)えんをする。
3.太平洋をヨットで(おう)だんする。
4.(おう)べいの外交史を研究している。
Q39
(5).空気が(かん)そうしている。
1.新しい(かん)でんちをテープレコーダーに入れた。
2.この(かん)ばんは大きいので、遠くからでも目立つ。
3.しん(かん)せんで京都へ行った。
4.(かん)きょう問題について話す。
Q40


問題V 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

(1).今日は________秋らしい、いい天気だ。
1.いかにも 2.つとめて 3.とかく 4.まるで
Q41
(2).小さな子が一人で留守番をするなんて、さぞ________ことだろう。
1.うっとうしい 2.こころぽそい 3.なさけない 4.ものたりない
Q42
(3).うちの________は、入り口が狭くて車が入れにくい。
1.ガレージ 2.スタジオ 3.ステージ 4.フロント
Q43
(4).テレビ番組の表現が差別的だったので、さっそく放送局に________した。
1.協議 2.決議 3.抗議 4.物議
Q44
(5).あの人はおとなしそうに見える力乳することが________でびっくりさせられる。
1.盛大 2.膨大 3.大体 4.大胆
Q45
(6).年をとると、だんだん新しい考え方が________にくくなる。
1.うけあい 2.うけいれ  3.うけとり 4.うけもち
Q46
(7).博士がそれまでの職をくつがえす説を________のは、今から20年前のことだ。
1.かなえた  2.かまえた 3.となえた 4.とらえた
Q47
(8).あの人は口が________から、秘密をもらしたりしません。
1.おもい、 2.かたい 3.きつい 4.つよい
Q48
(9).有利な証言をしてくれとたのんだが、________ことわられた。
1.がっくりと  2.きっかりと 3.きっぱりと 4.くっきりと
Q49
(10).自分の仕事をするのがやっとで、とても人の手助けをする________などない。
1.たるみ 2.なさけ 3.のぞみ 4.ゆとり
Q50
(11).この選手は________が足りないので、いつも最後に負けてしまう。
1.はげみ 2.はずみ 3.ねばり 4.むすび
Q51
(12).高齢者の人口が急に増えて、お年寄りを介護する人材の________が間に合わない。
1.生育 2.成熟 3.生長 4.養成
Q52
(13).事件を解決するため、________を探しているところだ。
1.めど 2.きざし 3.しかけ 4.てがかり
Q53
(14).母は病気のせいで食べるものにいろいろ________がある。
1.拘束 2.制限 3.束縛 4.統制
Q54
(15).紛争が________、市民の生活に落ち着きがもどった。
1.おさまり  2.さだまり 3.まとまり 4.よわまり
Q55


問題VI 次の(1)から(10)のの言葉の意味が、それぞれのはじめの文と最も近い意味で使われている文を、1・2・3・4から一つ選びなさい。

(1). ふく……ずっと活動していなかった火山が突然火をふいた。
1.この辺では、冬のあいだ海から強い北風がふく。
2.だれかがふえをふいている。
3.お湯がわいて、やかんがさかんに湯気をふいている。
4.スープが熱くて、フーフーふいてさました。
Q56
(2).あげる……例をあげてていねいに説明した。
1.自分の考えを主張するなら、根拠をあげるべきだ。
2.能率をあげないと、間に合いそうにない。
3.感動のあまり、声をあ げて泣いた。
4.努力して、素晴らしい成果をあげた。
Q57
(3).あかるい……日本経済立て直しの見通しは、あまりあかるくない。
1.山田さんは、物理の先生だが文学にもあかるい。
2.問題解決について、思ったよりあかるい展望がひらけてきた。
3.あかるい黄色が、暗い背景によくはえる。
4.いいしらせを伝えるときは、声もあかるくなる。
Q58
(4).あと……せなかにやけどのあとが残っている。
1.入学試験まで、あとわずかとなった。
2.この種の事故があとを絶たなくて、警察でも困っている。
3.この作文は何回も書き直したあとがある。
4.僕は山本君の2か月あとに入会した。
Q59
(5).あたり……結果が出るのは来月あたりになるらしい。
1.中山さんは人あたりがいいので、友だちがおおい。
2.一人あたり8000円で日帰りのバス旅行ができる。
3.この映画がこんなにあたりを取るとは思わなかった。
4.あの会社との交渉は、鈴木君あたりが適当だと思う。
Q60
(6).はしる……彼はおだやかな人柄で、極端な言動にはしることはない。
1.鋭い痛みが右の肩にはしった。
  2.この年ごろの少年は、ちょっとしたきっかけで非行にはしる。
3.届いたばかりの新車をためしにはしらせてみた。
4.平野の真ん中を国道が東西にはしっている。
Q61
(7).とく……道路工事が終わり、交通規制がとかれた。
1.ホテルについて荷物をといた。
2.父の誤解をとくのはむずかしい。
3.もう安全だと判断して警戒をといた。
4.この薬は水でといて飲んでください。
Q62
(8).かるい……かるいけがで済んで、本当に運がよかった。
1.寝る前に、かるい運動をするとよく眠れる。
2.ぶじに責任をはたして、気持ちがかるくなった。
3.あの入の動きのかるいのには、驚く。
4.よりかるい素材の研究開発を行っている。
Q63
(9).め……この作品の価値がわかるとは、林さんもめが高い。
1.うっかりして「駐車禁止」の標識がめに入らなかった。
2.このセーターはめがあらくてすぐ引っかかる。
3.騒ぎに巻き込まれて、ひどいめにあった。
4.社長は人を見るめがある。
Q64
(10).あそぶ……これだけの土地をあそばせておくとはもったいない。
1.コンピューターを使って仕事をしているのかと思ったら、あそんでいた。
2.動物の中であそぶのは人間だけだといわれていた。
3.子供を通りであそばせるとあぶない。
4.使いこなせる人がいなくて、せっかくの機械があそんでいる。
Q65
  • Tra Từ            
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS
  • English Page

App 4.0 ↓
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS 4.3