章4-第13

章4-第13

 

聴:

 

 

足長手長

 

むかしむかし、会津(あいず→福島県)の盆地(ぼんち)に、どこからともなく恐ろしい魔物(まもの)が現れました。

 その怪物は、足長手長(あしながてなが)という夫婦の魔物です。
 夫の足長はその名の通りとても足が長く、どんなに遠くても足を伸ばせば届きます。
 妻の手長はとても手が長く、どんな遠いところの物でも、座ったままでヒョイとつかむ事が出来ました。
 この足長手長の夫婦は、なぜか会津の土地が気に入ったようです。

 妻の手長は磐梯山(ばんだいさん→福島県の北部、猪苗代湖の北にそびえる活火山。標高1819メートル)の頂上(ちょうじょう)に座り、夫の足長は会津盆地をひとまたぎしています。
「手長よ、そろそろ始めるか」
「はいよ、足長」
 二人の魔物は声をかけあうと、足長の足がグングンと伸びて、あちこちの雲をつかんでは会津盆地の上に集めます。
 雲は畑仕事をしている人たちの頭の上をおおい、みるみるうちにあたりは暗くなっていきました。
「今度はおめえだ、手長」
「はいよ、足長」 
 今度は手長が長い手で、猪苗代湖(いなわしろこ→福島県の中央部、湖面標高514メートル。最大深度94メートル。周囲63キロメートル。面積103平方キロメートル)の水をすくってばらまきます。
 それは大粒の雨となって、畑仕事をする人々の上に降りかかりました。
「あっはっはっは、見てみろ、あのあわてぶり!」
「ゆかいだね、足長」 
 足長と手長のせいで、会津は暗い雨の日が続きました。
 村人たちは、ほとほと困りました。
「このまま、おてんとさまが出なければ、家のダイコンが枯れてしまうぞ」
「このまま作物が枯れてしまったら、おらたちはどうなるだ?」
「そりゃあ、飢え死にしかねえ」
「何とか、ならねえか」
「何とかと言っても、相手があんな魔物では」 
 こんな村人たちを見て、足長手長は大喜びです。

 そんなある日の事、ボロボロの衣をまとった
弘法大師(こうぼうだいし)というお坊さんが、この会津の村にやって来ました。
「これはひどい」
 荒れ果てた村の様子に驚いた弘法大師は、村人たちに話を聞きました。
「よし、その魔物をこらしめてやろう」
 弘法大師はそう言うと、すぐに磐梯山の頂上に登りました。
 そして頂上から、大声で言いました。
「足長手長! わしはここを通りかかった旅の僧じゃ。姿を見せんか!」
 弘法大師の声に、足長と手長が現れました。
「わっはっはっは、何じゃ、人間の坊主か」
「人間にしては、大声な声を出しよるわ」
「足長手長。わしの言う事をよく聞け! お前らは、どんな事でも出来ると思っとるだろうが、どんなに頑張っても出来ん事があるぞ」
「何を言うか。この世の中に、わしらに出来ぬ事など何一つないわ」
「そうか、ならばわしの言う通りにやってみろ。もし出来なければ、お前たちはすぐにこの会津の土地を出て行くのだ」
「よし、わかった。どんな事か、言ってみろ。ただし、それが出来たらお前を食ってやるからな」
 弘法大師は、ふところから小さなつぼを取り出して言いました。
「足長手長よ。
 お前らは、ずいぶんと大きい。
 だから二人一緒に、こんな小さなつぼに入る事は出来んじゃろう?
 どうじゃ、まいったか。
 わっはっはっは!」
「何だ、そんな簡単な事か。ではいくぞ、手長」
「あいよ、足長」
 二人は声をかけあうと、みるみるうちに小さくなってつぼの中へ入ってしまいました。
 すると弘法大師はニヤリと笑って、つぼのふたをきゅっと閉めました。
 突然ふたを閉められて、足長と手長はびっくりです。
「こら! ここから出せ! 早くふたを開けろー! 開けねばつぼを壊してやるぞ!」
 つぼの中で足長と手長が暴れますが、つぼはびくともしません。
「馬鹿者! 人々を苦しめたばつとして、お前ら二人は永遠につぼの中に入っておれ!」
 弘法大師はそのつぼを磐梯山の頂上に埋めると、上に大きな石を乗せて二度と出て来られない様にしました。
「ちくしょう、このつぼは、何で壊れないんだー!」
 つぼには弘法大師の法力がかかっているので、足長や手長の力では決して壊れません。
 やがて二人はあきらめたのか、静かになりました。
 すると弘法大師が、つぼの中の足長と手長に言いました。
「お前たちを山の守り神として祭ってやるから、村人たちの為につくすがよいぞ」
 こうして足長と手長は、弘法大師によって退治されたのです。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

足長手長

 

むかしむかし、会津あいづ(あいず→福島ふくしまけん)の盆地ぼんち(ぼんち)に、どこからともなくおそろしい魔物まもの(まもの)があらわれました。

 その怪物かいぶつは、足長あしなが手長てなが(あしながてなが)という夫婦ふうふ魔物まものです。
 
おっと足長あしながはそのとおりとてもあしながく、どんなにとおくてもあしばせばとどきます。
 
つま手長てながはとてもながく、どんなとおいところのものでも、すわったままでヒョイとつかむこと出来できました。
 この
足長あしなが手長てなが夫婦ふうふは、なぜか会津あいづ土地とちったようです。

 
つま手長てなが磐梯山ばんだいさん(ばんだいさん→福島ふくしまけん北部ほくぶ猪苗代湖いなわしろこきたにそびえる活火山かっかざん標高ひょうこう1819メートル)の頂上ちょうじょう(ちょうじょう)にすわり、おっと足長あしなが会津盆地あいづぼんちをひとまたぎしています。
手長てながよ、そろそろはじめるか」
「はいよ、
足長あしなが
 
にん魔物まものこえをかけあうと、足長あしながあしがグングンとびて、あちこちのくもをつかんでは会津盆地あいづぼんちうえあつめます。
 
くもはたけ仕事しごとをしているひとたちのあたまうえをおおい、みるみるうちにあたりはくらくなっていきました。
今度こんどはおめえだ、手長てなが
「はいよ、
足長あしなが」 
 
今度こんど手長てながながで、猪苗代湖いなわしろこ(いなわしろこ→福島ふくしまけん中央ちゅうおう湖面こめん標高ひょうこう514メートル。最大さいだい深度しんど94メートル。周囲しゅうい63キロメートル。面積めんせき103平方へいほうキロメートル)のみずをすくってばらまきます。
 それは
大粒おおつぶあめとなって、はたけ仕事しごとをする人々ひとびとうえりかかりました。
「あっはっはっは、
てみろ、あのあわてぶり!」
「ゆかいだね、
足長あしなが」 
 
足長あしなが手長てながのせいで、会津あいづくらあめつづきました。
 
村人むらびとたちは、ほとほとこまりました。
「このまま、おてんとさまが
なければ、いえのダイコンがれてしまうぞ」
「このまま
作物さくもつれてしまったら、おらたちはどうなるだ?」
「そりゃあ、
じににしかねえ」
なにとか、ならねえか」
なにとかとっても、相手あいてがあんな魔物まものでは」 
 こんな
村人むらびとたちをて、足長あしなが手長てながだいよろこびです。

 そんなある
こと、ボロボロのころもをまとった弘法大師こうぼうだいし(こうぼうだいし)というおぼうさんが、この会津あいづむらにやってました。
「これはひどい」
 
てたむら様子ようすおどろいた弘法大師こうぼうだいしは、村人むらびとたちにはなしきました。
「よし、その
魔物まものをこらしめてやろう」
 
弘法大師こうぼうだいしはそううと、すぐに磐梯山ばんだいさん頂上ちょうじょうのぼりました。
 そして
頂上ちょうじょうから、大声おおごえいました。
足長あしなが手長てなが! わしはここをとおりかかったたびそうじゃ。姿すがたせんか!」
 
弘法大師こうぼうだいしこえに、足長あしなが手長てながあらわれました。
「わっはっはっは、
なにじゃ、人間にんげん坊主ぼうずか」
人間にんげんにしては、大声おおごえこえしよるわ」
足長あしなが手長てなが。わしのことをよくけ! おまえらは、どんなことでも出来できるとおもっとるだろうが、どんなに頑張がんばっても出来できことがあるぞ」
なにうか。このなかに、わしらに出来できことなど何一なにひとつないわ」
「そうか、ならばわしの
とおりにやってみろ。もし出来できなければ、おまえたちはすぐにこの会津あいづ土地とちくのだ」
「よし、わかった。どんな
ことか、ってみろ。ただし、それが出来できたらおまえってやるからな」
 
弘法大師こうぼうだいしは、ふところからちいさなつぼをしていました。
足長あしなが手長てながよ。
 お
まえらは、ずいぶんとおおきい。
 だから
にん一緒いっしょに、こんなちいさなつぼにはいこと出来できんじゃろう?
 どうじゃ、まいったか。
 わっはっはっは!」
なんだ、そんな簡単かんたんことか。ではいくぞ、手長てなが
「あいよ、
足長あしなが
 
にんこえをかけあうと、みるみるうちにちいさくなってつぼのなかはいってしまいました。
 すると
弘法大師こうぼうだいしはニヤリとわらって、つぼのふたをきゅっとめました。
 
突然とつぜんふたをめられて、足長あしなが手長てながはびっくりです。
「こら! ここから
しゅっせ! はやくふたをけろー! けねばつぼをこわしてやるぞ!」
 つぼの
なか足長あしなが手長てながあばれますが、つぼはびくともしません。
馬鹿者ばかもの! 人々ひとびとくるしめたばつとして、おまえにん永遠えいえんにつぼのなかはいっておれ!」
 
弘法大師こうぼうだいしはそのつぼを磐梯山ばんだいさん頂上ちょうじょうめると、うえおおきないしせて二度にどられないようにしました。
「ちくしょう、このつぼは、
なんこわれないんだー!」
 つぼには
弘法大師こうぼうだいし法力ほうりきがかかっているので、足長あしなが手長てながちからではけっしてこわれません。
 やがて
にんはあきらめたのか、しずかになりました。
 すると
弘法大師こうぼうだいしが、つぼのなか足長あしなが手長てながいました。
「お
まえたちをやままもがみとしてまつってやるから、村人むらびとたちのためにつくすがよいぞ」
 こうして
足長あしなが手長てながは、弘法大師こうぼうだいしによって退治たいじされたのです。
 

おしまい

 

 
 

 
 
 
 
 
 

 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.