第8

章3-第8

 

聴:

 

 

改心した、おいはぎ

 

むかし、千葉県中部の東金(とうがね)には、上総木綿(かずさもめん)の問屋がたくさんありました。

 その頃は、上総木綿を江戸まで運ぶと、大変なもうけがあったそうです。
 その東金には三代続く商人の宗兵(そうべい)という人がいて、商売が上手な事で江戸にもその名前が知れ渡っていました。

 ある日の事、宗兵が江戸で大もうけをして帰って来ると、山田の坂にさしかかった所で、刀を持ったおいはぎが現われたのです。
 辺りは薄暗くて人気が無く、助けを求める事も出来ません。
 おいはぎは、宗兵に刀を突きつけて言いました。
「おい、こら! あり金を残らず置いていけ!」
 しかし宗兵は名の通った商人だけあって度胸も座っており、あわてる事なく相手の様子を観察しました。
 よく見ると、おいはぎはまだ若くて、突きつけた刀の先がぶるぶると震えています。
(ははーん。こいつ、おいはぎをするのは今日が初めてだな。それなら)
 宗兵は相手になめられない様にしっかりした口調で、しかし、相手を怒らせない程度に腰を低くして言いました。
「有り金と言いましても今は仕入れの帰りで、一両ほどしか持ち合わせがありません。
 仕入れた品はありますが、とても素人さんには売りさばけない品です。
 そこで、どうでしょう?
 東金の街まで、一緒に来てくれませんか?
 それなら、もう少し出せるのですが」
「うっ、うそじゃ、ないだろうな?」
「はい、わたしも商人です。
 うそは、申しません。
 それに、お前さんが一緒に来てくれると、これからの道のりも安心ですし、荷車の後押しをしてくれれば、さらに助かりますので」
「・・・本当に、金をくれるのだな?」
「はい、本当です。だます様な事はしません」
「・・・わかった」
 こうして話しがまとまり、宗兵とおいはぎは東金の街へと向かったのです。

 おいはぎが荷車の後押しをしてくれたおかげで、あっという間に東金の街へ着く事が出来ました。
 そして自分の店の前まで来た宗兵は、大きな声で言いました。
「おーい、今帰ったよ」
「あら、お帰りなさい。早かったですね」
 奥さんやお店の人たちが、店から大勢出て来ました。
 それを見て、おいはぎの顔色が青くなりました。
 これだけ大勢が相手では、いくら刀を振り回しても勝てそうにありません。
 おいはぎがすきを見て逃げ出そうと思っていると、宗兵は奥さんにおいはぎを紹介しました。
「実はな、この人が手伝ってくれたおかげで、早く帰って来られたんだ。礼をしたいので、奥に入ってもらうよ」
 そして宗兵はおいはぎと奥の部屋に入ると、大事な話があるからと他の人たちを追い払いました。
 おどおどするおいはぎに、宗兵が言いました。
「まずは、これは約束のお金だ」
 そう言って、おいはぎの前に二両のお金を出しました。
「次にこれは、ここまで荷車を押してくれたお礼だ」
 そしてさらに一両のお金を追加すると、宗兵はおいはぎに言いました。
「見れば、お前さんはまだ若いようだし、行く当てがないのなら、わたしの所で働いてみてはどうだ? もちろん、今日の事はわたしの胸に収めておくよ」
 それを聞いたおいはぎの目から、涙がこぼれました。
 これほど人の心を温かく感じたのは、生まれて初めてです。
 宗兵の人柄にすっかりほれ込んだおいはぎは、深々と頭を下げました。
「すみません。よろしくお願いしやす」

 それから心を入れ替えて一生懸命働いたおいはぎは、やがて自分の店を持つほどに出世したという事です。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

改心した、おいはぎ

 

むかし、千葉ちばけん中部ちゅうぶ東金とうがね(とうがね)には、上総かずさ木綿ゆう(かずさもめん)の問屋とんやがたくさんありました。
 その
ころは、上総かずさ木綿ゆう江戸えどまではこぶと、大変たいへんなもうけがあったそうです。
 その
東金とうがねにはさんだいつづ商人しょうにんむねへい(そうべい)というひとがいて、商売しょうばい上手じょうずこと江戸えどにもその名前なまえわたっていました。

 ある
ことむねへい江戸えどおおもうけをしてかえってると、山田やまださかにさしかかったところで、かたなったおいはぎがあらわれたのです。
 
あたりは薄暗うすぐらくて人気にんきく、たすけをもとめること出来できません。
 おいはぎは、
むねへいかたなきつけていました。
「おい、こら! あり
がねのこらずいていけ!」
 しかし
むねへいとおった商人しょうにんだけあって度胸どきょうすわっており、あわてることなく相手あいて様子ようす観察かんさつしました。
 よく
ると、おいはぎはまだわかくて、きつけたかたなさきがぶるぶるとふるえています。
(ははーん。こいつ、おいはぎをするのは
今日きょうはじめてだな。それなら)
 
むねへい相手あいてになめられないようにしっかりした口調くちょうで、しかし、相手あいておこらせない程度ていどこしひくくしていました。
がねいましてもいま仕入しいれのかえりで、いちりょうほどしかわせがありません。
 
仕入しいれたしなはありますが、とても素人しろうとさんにはりさばけないしなです。
 そこで、どうでしょう?
 
東金とうがねまちまで、一緒いっしょてくれませんか?
 それなら、もう
すこせるのですが」
「うっ、うそじゃ、ないだろうな?」
「はい、わたしも
商人しょうにんです。
 うそは、
もうしません。
 それに、お
まえさんが一緒いっしょてくれると、これからのみちのりも安心あんしんですし、荷車にぐるま後押あとおしをしてくれれば、さらにたすかりますので」
「・・・
本当ほんとうに、かねをくれるのだな?」
「はい、
本当ほんとうです。だますようことはしません」
「・・・わかった」
 こうして
はなしがまとまり、むねへいとおいはぎは東金とうがねまちへとかったのです。

 おいはぎが
荷車にぐるま後押あとおしをしてくれたおかげで、あっという東金とうがねまちこと出来できました。
 そして
自分じぶんみせまえまでむねへいは、おおきなこえいました。
「おーい、
いまかえったよ」
「あら、お
かえりなさい。はやかったですね」
 
おくさんやおみせひとたちが、みせから大勢おおぜいました。
 それを
て、おいはぎの顔色かおいろあおくなりました。
 これだけ
大勢おおぜい相手あいてでは、いくらがたなまわしてもてそうにありません。
 おいはぎがすきを
そうとおもっていると、むねへいおくさんにおいはぎを紹介しょうかいしました。
じつはな、このひと手伝てつだってくれたおかげで、はやかえってきたられたんだ。れいをしたいので、おくはいってもらうよ」
 そして
むねへいはおいはぎとおく部屋へやはいると、大事だいじはなしがあるからとひとたちをはらいました。
 おどおどするおいはぎに、
むねへいいました。
「まずは、これは
約束やくそくのおかねだ」
 そう
って、おいはぎのまえりょうのおかねしました。
つぎにこれは、ここまで荷車にぐるましてくれたおれいだ」
 そしてさらに
いちりょうのおかね追加ついかすると、むねへいはおいはぎにいました。
れば、おまえさんはまだわかいようだし、てがないのなら、わたしのところはたらいてみてはどうだ? もちろん、今日きょうことはわたしのむねおさめておくよ」
 それを
いたおいはぎのから、なみだがこぼれました。
 これほど
ひとこころあたたかくかんじたのは、まれてはじめてです。
 
むねへい人柄ひとがらにすっかりほれんだおいはぎは、深々ふかぶかあたまげました。
「すみません。よろしくお
ねがいしやす」

 それから
こころえて一生懸命いっしょうけんめいはたらいたおいはぎは、やがて自分じぶんみせつほどに出世しゅっせしたということです。
 

おしまい

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 

 

Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.