第4

章3-第4

 

聴:

 

 

トラが木登りの出来ない理由

 

むかしむかし、中国武術の得意なトラが、沖縄の空手が強いと聞いて、沖縄にやって来ました。

 トラは沖縄の町にやってくると、威張った態度で言いました。
「おれさまは、中国武術の達人だ。中国武術と空手、どちらが強いか勝負だ!」 
「・・・・・・」
「どうした。おれさまの中国武術に、恐れをなしたのか?!」 
「・・・・・・」
 沖縄の動物たちは、今まで見た事がない大きな体のトラを怖がって、誰も勝負をしようとはしません。
「誰も勝負をしないのなら、沖縄をおれさまの物にするぞ!」
 その時、一匹の小さなヤマネコが、トラの前に進み出ました。
「いいでしょう。わたしがお相手をしましょう」
 このヤマネコは、沖縄空手の先生です。 
 トラは自分の半分にもみたないヤマネコを見て、ゲラゲラと笑いました。
「がはははは。お前の様なチビ助が、勝負だと? よし、お前なんかひとひねりだ。アチョーー!」
 トラがヤマネコに飛びかかりましたが、何とヤマネコはトラの攻撃をヒラリとかわすと、体の大きなトラをコテンパンにやっつけてしまったのです。
「何だと? ・・・まだまだ、これからだ!」
 トラは再び勝負を挑みましたが、何度やってもヤマネコにはかないません。 
 負けを認めたトラは、ヤマネコに両手を合わせてお願いしました。 
「先生! どうかわたしに、先生の沖縄空手を教えて下さい!」 
「いいでしょう。修行はつらいですが、頑張るのですよ」
 こうしてトラはヤマネコに弟子入りを許されて、空手の修行を始めたのです。

 空手を始めたトラは、もともと武術の才能があったので、見る見るうちに上達していきました。
 一年が過ぎた今では、ヤマネコに次ぐ空手の名人です。 
 それを知ったヤマネコは、 
(このままでは、トラはわたしよりも強くなるだろう。そうなればいつか、わたしを倒して沖縄を支配するかもしれない)
と、思い、数多くある空手の必殺技の一つを教えなかったのです。

 ある日の事、ヤマネコの悪い予感が的中して、トラがヤマネコに勝負を挑んできました。
「師匠。おれはお前よりも強くなった。今こそお前を倒して、沖縄を支配してやる!」 
「よろしい。わたしはお前を全力で倒し、中国へ送り返してやります」
 トラとヤマネコの空手の腕前は互角でしたが、トラはもともと中国武術が使える分有利なので、次第にトラが優勢になりました。 
(まずい、このままでは負けてしまう)
 そう思ったヤマネコは、トラには教えていない空手の必殺技を使いました。 
 それは、木登りです。
 ヤマネコは身軽に木に登ると、木の上でトラを待ちかまえました。
「なんだ師匠、そんなところに逃げ込んで、もう降参か!」 
 トラもヤマネコを追いかけて木に登ってきましたが、木登りを教えてもらっていないトラは、木にしがみつくだけで精一杯です。
「すきあり!」
 ヤマネコは木にしがみついて動けないトラをコテンパンにやっつけて、中国に追い返してしまいました。

 そんなわけでトラは、中国武術も沖縄空手も使えるとても強い動物ですが、ヤマネコに木登りを教えてもらえなかったので、今でも木登りが下手なのだそうです。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

トラが木登りの出来ない理由

 

むかしむかし、中国ちゅうごく武術ぶじゅつ得意とくいなトラが、沖縄おきなわ空手からてつよいといて、沖縄おきなわにやってました。

 トラは沖縄おきなわまちにやってくると、威張いばった態度たいどいました。
「おれさまは、
中国ちゅうごく武術ぶじゅつ達人たつじんだ。中国ちゅうごく武術ぶじゅつ空手からて、どちらがつよいか勝負しょうぶだ!」 
「・・・・・・」
「どうした。おれさまの
中国ちゅうごく武術ぶじゅつに、おそれをなしたのか?!」 
「・・・・・・」
 
沖縄おきなわ動物どうぶつたちは、いままでことがないおおきなからだのトラをこわがって、だれ勝負しょうぶをしようとはしません。
だれ勝負しょうぶをしないのなら、沖縄おきなわをおれさまのものにするぞ!」
 その
ときいちひきちいさなヤマネコが、トラのまえすすました。
「いいでしょう。わたしがお
相手あいてをしましょう」
 このヤマネコは、
沖縄おきなわ空手からて先生せんせいです。 
 トラは
自分じぶん半分はんぶんにもみたないヤマネコをて、ゲラゲラとわらいました。
「がはははは。お
まえようなチビすけが、勝負しょうぶだと? よし、おまえなんかひとひねりだ。アチョーー!」
 トラがヤマネコに
びかかりましたが、なんとヤマネコはトラの攻撃こうげきをヒラリとかわすと、からだおおきなトラをコテンパンにやっつけてしまったのです。
なにだと? ・・・まだまだ、これからだ!」
 トラは
ふたた勝負しょうぶいどみましたが、なんやってもヤマネコにはかないません。 
 
けをみとめたトラは、ヤマネコに両手りょうてわせておねがいしました。 
先生せんせい! どうかわたしに、先生せんせい沖縄おきなわ空手からておしえてください!」 
「いいでしょう。
修行しゅぎょうはつらいですが、頑張がんばるのですよ」
 こうしてトラはヤマネコに
弟子入でしいりをゆるされて、空手からて修行しゅぎょうはじめたのです。

 空手からてはじめたトラは、もともと武術ぶじゅつ才能さいのうがあったので、るうちに上達じょうたつしていきました。
 
いちねんぎたいまでは、ヤマネコに空手からて名人めいじんです。 
 それを
ったヤマネコは、 
(このままでは、トラはわたしよりも
つよくなるだろう。そうなればいつか、わたしをたおして沖縄おきなわ支配しはいするかもしれない)
と、
おもい、数多かずおおくある空手からて必殺ひっさつわざひとつをおしえなかったのです。

 あること、ヤマネコのわる予感よかん的中てきちゅうして、トラがヤマネコに勝負しょうぶいどんできました。
師匠ししょう。おれはおまえよりもつよくなった。いまこそおまえたおして、沖縄おきなわ支配しはいしてやる!」 
「よろしい。わたしはお
まえ全力ぜんりょくたおし、中国ちゅうごくおくかえしてやります」
 トラとヤマネコの
空手からて腕前うでまえ互角ごかくでしたが、トラはもともと中国ちゅうごく武術ぶじゅつ使つかえるぶん有利ゆうりなので、次第しだいにトラが優勢ゆうせいになりました。 
(まずい、このままでは
けてしまう)
 そう
おもったヤマネコは、トラにはおしえていない空手からて必殺ひっさつわざ使つかいました。 
 それは、
のぼりです。
 ヤマネコは
身軽みがるのぼると、うえでトラをちかまえました。
「なんだ
師匠ししょう、そんなところにんで、もう降参こうさんか!」 
 トラもヤマネコを
いかけてのぼってきましたが、のぼりをおしえてもらっていないトラは、にしがみつくだけでしらげいちはいです。
「すきあり!」
 ヤマネコは
にしがみついてうごけないトラをコテンパンにやっつけて、中国ちゅうごくかえしてしまいました。

 そんなわけでトラは、中国ちゅうごく武術ぶじゅつ沖縄おきなわ空手からて使つかえるとてもつよ動物どうぶつですが、ヤマネコにのぼりをおしえてもらえなかったので、いまでものぼりが下手へたなのだそうです。

 

おしまい

 

NHẬN XÉT

 
 

 
 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.