第13

章3-第13

 

聴:

 

 

天に昇りそこねた亀たち

 

むかしむかし、ある池に、たくさんの亀が住んでいました。

 ある日の事、亀の大将が言いました。
「何でも竜は、海に千年、川に千年住むと天に昇るそうだ。このわしは、この池に三千年も住んでおるから、もうそろそろ天に昇ってもよいのではないかな」
 そして亀の大将が天に昇ろうとしたので、それを見ていた息子の亀が言いました。
「それなら、わたしも一緒に連れて行って下さい」
 すると、その息子の嫁の亀も、
「あなたが天に昇られるのなら、わたしも連れて行って下さいませ」
と、頼んだのです。
 そうして次から次へ、孫亀も、ひ孫亀も、みんなみんな、
「わたしも、連れて行って下さいませ」
と、頼んだのです。
 そこで、亀の大将は、
「よしよし、それなら、みんな一緒に連れて行ってやろう。だが、いくらわしでもみんなを抱える事は出来んから、みんな順々に前の者の尻尾をくわえるといい」
と、言って、自分のしっぽを息子にくわえさせて天に昇り始めました。
 そして息子の尻尾を嫁が、嫁の尻尾を孫がと、その後に何千匹、何万匹の亀が、順番に前の亀の尻尾をくわえて、だんだんと天に昇って行ったのです。
 ところが、間もなく天に着くというところで、亀の大将が後ろを振り向いて、
「おーい、みんな、無事について来ておるか?」
と、尋ねたのです。
 するとそれを聞いた亀たちが、
「はい」
「はい」
「はい」
「はい」・・・・・・。
と、みんな返事をしたので、くわえていた尻尾をはなしてしまい、みんなあっという間に元の池の中に落ちてしまったのでした。


 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

天に昇りそこねた亀たち

 

むかしむかし、あるいけに、たくさんのかめんでいました。
 ある
ことかめ大将たいしょういました。
なにでもりゅうは、うみせんねんかわせんねんむとてんのぼるそうだ。このわしは、このいけさんせんねんんでおるから、もうそろそろてんのぼってもよいのではないかな」
 そして
かめ大将たいしょうてんのぼろうとしたので、それをていた息子むすこかめいました。
「それなら、わたしも
一緒いっしょれてってください」
 すると、その
息子むすこよめかめも、
「あなたが
てんのぼられるのなら、わたしもれてってくださいませ」
と、
たのんだのです。
 そうして
つぎからつぎへ、まごかめも、ひまごかめも、みんなみんな、
「わたしも、
れてってくださいませ」
と、
たのんだのです。
 そこで、
かめ大将たいしょうは、
「よしよし、それなら、みんな
一緒いっしょれてってやろう。だが、いくらわしでもみんなをかかえること出来できんから、みんな順々じゅんじゅんまえもの尻尾しっぽをくわえるといい」
と、
って、自分じぶんのしっぽを息子むすこにくわえさせててんのぼはじめました。
 そして
息子むすこ尻尾しっぽよめが、よめ尻尾しっぽまごがと、そのなんせんひきなんまんひきかめが、順番じゅんばんまえかめ尻尾しっぽをくわえて、だんだんとてんのぼってったのです。
 ところが、
もなくてんくというところで、かめ大将たいしょううしろをいて、
「おーい、みんな、
無事ぶじについてておるか?」
と、
たずねたのです。
 するとそれを
いたかめたちが、
「はい」
「はい」
「はい」
「はい」・・・・・・。
と、みんな
返事へんじをしたので、くわえていた尻尾しっぽをはなしてしまい、みんなあっというもといけなかちてしまったのでした。

 

おしまい

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 

 

 
 

 
 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.