第11

章3-第11

 

聴:

 

 

生まれ変わりのしるし

 

むかしむかし、那賀郡田中村(→今の和歌山市)というところに、赤尾長者と呼ばれる長者がいました。

 長者には子どもがいませんでしたが、ようやく玉の様な男の子が生まれたのです。
 長者は子どもに万年も生きてくれる様にと願いを込めて亀千代(かめちよ)と言う名前をつけると、子どもを毎日はかりにかけて体重が少しずつ増えていくのを楽しみにしていました。

 そんなある日の事、長者が亀千代の体重を測ろうとしたとたん、はかりのひもがぷっつりと切れて、亀干代は地面に頭をぶつけて死んでしまったのです。
 最愛の子どもを亡くした長者夫婦は、一晩中泣き続けました。
 そしてふと、死んだ子どもの手のひらに名前を書いておけば、生まれ変わったところがわかるという言い伝えを思い出したのです。
 長者はさっそく筆をとると、亀干代の左の小さな手のひらに、
《赤尾長三郎の一子、亀干代》
と、書きつけました。
「いいか、亀干代。いつまでも待っているから、必ず生まれ変わって来いよ。もう一度お前を、抱かせてくれ」
 長者は何度も言い聞かせてから、小さなお棺のふたを閉じました。

 それから数年後のある日、小さな赤ちゃんをおぶった若い夫婦が、赤尾長者を訪ねて来ました。
 長者夫婦がその赤ちゃんを見てみると、左の手のひらに《赤尾長三郎の一子、亀干代》と書きしるした文字が、はっきりと現われていたのです。
「こっ、これは・・・」
 驚く長者夫婦に、若夫婦が言いました。
「この文字は、この子が生まれた時からありました。
 何度洗っても文字が消えないので、お寺の和尚さんに相談したところ、
『この子は、赤尾長者の子の生まれ変わり。この文字はどんなに洗っても決して消えないが、以前に生まれた家の井戸の水で洗えば消えるだろう』
と、言われました。
 そこで、お水をいただきにまいりました」
 長者夫婦は赤ちゃんを抱きしめると、涙を流して頼みました。
「一生のお願いや!
 この子を、わしらにくださらんか。
 お礼なら、なんぼでもしますから。
 何なら、この屋敷を差し上げても良い。
 どうか、亀千代の生まれ変わりであるこの子をわしらに 」
 若夫婦は長者夫婦の涙にもらい泣きしながらも、きっぱりと断りました。
「お気持ちはわかります。ですがこの子は、わたしたち夫婦の宝です」
「・・・わかりました。もう一度我が子が抱けただけでも、本望です」
 長者夫婦はあきらめると、若夫婦に井戸の水を差し出しました。
 若夫婦がその水で赤ちゃんの手のひらを洗うと、今までどんな事をしても消えなかった文字が、すーっと消えたということです。


 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

生まれ変わりのしるし

 

むかしむかし、那賀なかぐん田中たなかむら(→いま和歌山わかやま)というところに、赤尾あかお長者ちょうじゃばれる長者ちょうじゃがいました。
 
長者ちょうじゃにはどもがいませんでしたが、ようやくたまようおとこまれたのです。
 
長者ちょうじゃどもにまんねんきてくれるようにとねがいをめてかめせんだい(かめちよ)と名前なまえをつけると、どもを毎日まいにちはかりにかけて体重たいじゅうすこしずつえていくのをたのしみにしていました。

 そんなある
こと長者ちょうじゃかめせんだい体重たいじゅうはかろうとしたとたん、はかりのひもがぷっつりとれて、かめだい地面じめんあたまをぶつけてんでしまったのです。
 
最愛さいあいどもをくした長者ちょうじゃ夫婦ふうふは、いちばんちゅうつづけました。
 そしてふと、
んだどもののひらに名前なまえいておけば、まれわったところがわかるといういいつたえをおもしたのです。
 
長者ちょうじゃはさっそくふでをとると、かめだいひだりちいさなのひらに、
赤尾あかお長三郎ちょうさぶろういちかめだい
と、
きつけました。
「いいか、
かめだい。いつまでもっているから、かならまれわっていよ。もう一度いちどまえを、いだかせてくれ」
 
長者ちょうじゃなんもいいきかせてから、ちいさなおかんのふたをじました。

 それから
すうねんのあるちいさなあかちゃんをおぶったわか夫婦ふうふが、赤尾あかお長者ちょうじゃたずねてました。
 
長者ちょうじゃ夫婦ふうふがそのあかちゃんをてみると、ひだりのひらに《赤尾あかお長三郎ちょうさぶろういちかめだい》ときしるした文字もじが、はっきりとあらわれていたのです。
「こっ、これは・・・」
 
おどろ長者ちょうじゃ夫婦ふうふに、わか夫婦ふうふいました。
「この
文字もじは、このまれたときからありました。
 
なんあらっても文字もじえないので、おてら和尚おしょうさんに相談そうだんしたところ、
『この
は、赤尾あかお長者ちょうじゃまれわり。この文字もじはどんなにあらってもけっしてえないが、以前いぜんまれたいえ井戸いどみずあらえばえるだろう』
と、
われました。
 そこで、お
みずをいただきにまいりました」
 
長者ちょうじゃ夫婦ふうふあかちゃんをきしめると、なみだながしてたのみました。
一生いっしょうのおねがいや!
 この
を、わしらにくださらんか。
 お
れいなら、なんぼでもしますから。
 
なになら、この屋敷やしきげてもい。
 どうか、
かめせんだいまれわりであるこのをわしらに 」
 
わか夫婦ふうふ長者ちょうじゃ夫婦ふうふなみだにもらいきしながらも、きっぱりとことわりました。
「お
気持きもちはわかります。ですがこのは、わたしたち夫婦ふうふたからです」
「・・・わかりました。もう
一度いちどいだけただけでも、本望ほんもうです」
 
長者ちょうじゃ夫婦ふうふはあきらめると、わか夫婦ふうふ井戸いどみずしました。
 
わか夫婦ふうふがそのみずあかちゃんののひらをあらうと、いままでどんなことをしてもえなかった文字もじが、すーっとえたということです。

 

おしまい

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 

 

 
 

 
 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.