第4

章2-第4

 

聴:

 

 

寝ているだけの仕事

 

むかしむかし、あるところに、働くのが大嫌いな男がいました。
 毎日毎日、男は家で寝てばかりいたので、ついにお金もお米もなくなってしまいました。
(何もかも、なくなってしまったな。まあ、働かないといけないのはわかるが、汗水たらして働くなんて、まっぴらごめんだ。・・・ああ、どこかに、寝ているだけの仕事はないかなあ)
 男が、そんな都合の良い仕事を探しに外を歩いていると、向こうから見せ物小屋の親方がやってきました。
 この見せ物小屋の親方は、珍しい動物を見せる商売をしているのです。
「なあ親方、どこかに、寝ているだけで金もご飯ももらえる仕事はないか?」
 とんでもない相談ですが、それを聞いた親方は手を叩いて言いました。
「ある、ある、あるぞ! 実は今、そんな仕事をしてくれる人を探していたところだ」
「へえ。そいつはありがたい。親方、ぜひともわしに、その仕事をさせてくれ」
「いいとも、仕事場までついて来い」
 男は喜んで、親方の後について行きました。

 親方は町はずれで、獅子(しし→ライオン)やトラの見せ物小屋を開いていました。
「へえ、これが見せ物小屋か。・・・ところで、おれはどんな事をすればいいんだ?」
「なあに、簡単さ。ただ、このおりの中で寝ているだけだよ」
「何だって?! 獅子やトラと一緒にか?!」
 びっくりする男に、親方は声をひそめて言いました。
「心配するな。実はな、少し前に見せ物のトラが死んでしまって、困っていたところなんだ。そのトラの皮をはいであるから、お前さんはそれを着て、おりの中で寝ていてくれればいい」
「何だ、トラの身代わりか」
「そう言う事だ。ただ寝ているだけで、時々エサをもらい、おまけにお金までもらえるんだ。いい話だろう」
「確かに。なまけ者のおれにぴったりの仕事だな」
 そんなわけで、親方はさっそく男にトラの皮を着せて、おりの中へと入れました。

 トラの身代わりは確かに楽な仕事で、あっという間に見世物小屋が終わる最後の日となりました。
(ああ、楽な仕事だったな)
 男が寝ながらそう思っていると、集まって来た人たちに親方が言いました。
「さあ、入った、入った。今日でもうお終いだよ。さて、そこで最後に、トラと獅子を一つのおりに入れて、けんかをさせて見せようではないか」
 そう言って親方は、隣のおりに入れていたライオンを、トラの毛皮を着た男のいるおりに連れて来たのです。
 さあ、トラの毛皮を着た男はびっくりです。
 男は逃げ出そうとしましたが、恐怖に足がすくんで動けません。
(わあわあ、もう駄目だ!)
 男は思わず、目をつむりました。
 するとライオンが男のそばへ来て、小さな声で言いました。
「心配するな。わしも人間じゃ。獅子の皮を着て、身代わりの仕事をしているんだ」
 すると男は安心して、自分がトラになっている事も忘れて立ち上がると、
「いやあ、助かった。なんだ、あんたも偽物だったのか」
と、言ってしまい、二匹の猛獣がインチキだった事がばれてしまったのです。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

寝ているだけの仕事

むかしむかし、あるところに、はたらくのが大嫌だいきらいなおとこがいました。
 
毎日まいにち毎日まいにちおとこいえてばかりいたので、ついにおかねもおこめもなくなってしまいました。
(
なにもかも、なくなってしまったな。まあ、はたらかないといけないのはわかるが、汗水あせみずたらしてはたらくなんて、まっぴらごめんだ。・・・ああ、どこかに、ているだけの仕事しごとはないかなあ)
 
おとこが、そんな都合つごう仕事しごとさがしにそとあるいていると、こうからもの小屋こや親方おやかたがやってきました。
 この
もの小屋こや親方おやかたは、めずらしい動物どうぶつせる商売しょうばいをしているのです。
「なあ
親方おやかた、どこかに、ているだけでかねもごはんももらえる仕事しごとはないか?」
 とんでもない
相談そうだんですが、それをいた親方おやかたたたいていました。
「ある、ある、あるぞ! 
じついま、そんな仕事しごとをしてくれるひとさがしていたところだ」
「へえ。そいつはありがたい。
親方おやかた、ぜひともわしに、その仕事しごとをさせてくれ」
「いいとも、
仕事場しごとばまでついてい」
 
おとこよろこんで、親方おやかたのちについてきました。

 
親方おやかたまちはずれで、獅子しし(しし→ライオン)やトラのもの小屋こやひらいていました。
「へえ、これが
もの小屋こやか。・・・ところで、おれはどんなことをすればいいんだ?」
「なあに、
簡単かんたんさ。ただ、このおりのなかているだけだよ」
なにだって?! 獅子ししやトラと一緒いっしょにか?!」
 びっくりする
おとこに、親方おやかたこえをひそめていました。
心配しんぱいするな。じつはな、すこまえもののトラがんでしまって、こまっていたところなんだ。そのトラのかわをはいであるから、おまえさんはそれをて、おりのなかていてくれればいい」
なんだ、トラの身代みがわりか」
「そう
ことだ。ただているだけで、時々ときどきエサをもらい、おまけにおかねまでもらえるんだ。いいはなしだろう」
たしかに。なまけもののおれにぴったりの仕事しごとだな」
 そんなわけで、
親方おやかたはさっそくおとこにトラのかわせて、おりのなかへとれました。

 トラの
身代みがわりはたしかにらく仕事しごとで、あっという見世物みせもの小屋こやわる最後さいごとなりました。
(ああ、
らく仕事しごとだったな)
 
おとこながらそうおもっていると、あつまってひとたちに親方おやかたいました。
「さあ、
はいった、はいった。今日きょうでもうおおわりいだよ。さて、そこで最後さいごに、トラと獅子ししひとつのおりにれて、けんかをさせてせようではないか」
 そう
って親方おやかたは、となりのおりにれていたライオンを、トラの毛皮けがわおとこのいるおりにれてたのです。
 さあ、トラの
毛皮けがわおとこはびっくりです。
 
おとこそうとしましたが、恐怖きょうふあしがすくんでうごけません。
(わあわあ、もう
駄目だめだ!)
 
おとこおもわず、をつむりました。
 するとライオンが
おとこのそばへて、ちいさなこえいました。
心配しんぱいするな。わしも人間にんげんじゃ。獅子ししかわて、身代みがわりの仕事しごとをしているんだ」
 すると
おとこ安心あんしんして、自分じぶんがトラになっていることわすれてがると、
「いやあ、
たすかった。なんだ、あんたも偽物にせものだったのか」
と、
ってしまい、ひき猛獣もうじゅうがインチキだったことがばれてしまったのです。
 

おしまい

 

NHẬN XÉT

 
 

 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.