第2

章2-第2

 

聴:

 

 

黄門さまのイジワル

「ひかえおろう。この紋所(もんどころ)が、目に入らぬか」
と、身分を隠して日本中を巡(めぐ)り歩き、悪人をこらしめる水戸黄門(みとこうもん)は、テレビなどで有名です。
 でも実際の黄門さまは学問を続けながらひっそりと暮らし、1700年(元禄13年)12月6日、72歳で静かに世を去ったそうです。

 その黄門さまは子どもの頃、大変な悪ガキで、いつも友だちと遊んでばかりいました。
 ある時、父親の
殿さまが黄門さまに尋ねました。
「もし、戦場(いくさば)でわしが深い傷(きず)を負(お)って倒れたら、お前はわしを助けるか?」
 すると黄門さまは、
「いいえ。助けません」
と、きっぱり言いました。
「何だと! なぜ、父を助けぬのだ!」
と、聞き返されて、
「わたくしは、倒れた父上を乗り越えて、敵(てき)と戦います」
と、答えたので、
「それは見事!」
と、殿さまはとても感心したそうです。

 さて、黄門さまには三木武太夫(みきたけだゆう)という、お側に仕える者がいました。
 武太夫(たけだゆう)は子どもの頃から、『カミナリ』と『アズキがゆ』が大嫌いで、それは大人になっても治りませんでした。
 ある時、黄門さまは武太夫を呼んで尋ねました。
「その方の好物(こうぶつ)は、何であったか?」
 すると武太夫は見栄(みえ)を張って、
「はい。カミナリとアズキがゆが、大好物であります」
と、答えたのです。
「そうか。カミナリは出せぬが、アズキがゆならすぐに出してやるぞ」
 黄門さまはアズキがゆを作らせると、それをイジワルそうに差し出しました。
「さあ、アズキがゆが出来た。遠慮無く、食べてよいぞ」
「はあ、・・・」
「うん? どうした? 好物であろう?」
「はい、・・・」
「食べぬのか? それとも、アズキがゆは嫌いか?」
「いえ、その・・・」
 武太夫は決心すると固く目をつぶり、アズキがゆを丸呑みする様に食べたそうです。

 さて、それからしばらくたって、黄門さまにお客が来た時の事です。
 空が急に暗くなり、ゴロゴロとカミナリが鳴り出しました。
 黄門さまは、しめたとばかりに言いました。
「お客人よ。実はな、ここにはカミナリの大好きな者がおりまして、あれが鳴ると大喜びするのです」
 そう言って武太夫を呼び寄せると、またしてもイジワルそうに言いました。
「ほれ、お前の大好物のカミナリが鳴っておるぞ。うれしいだろう。すまぬが、投網(とあみ)をうって池の魚を取ってまいれ」
「はい、その、それは・・・」
「何をしておる。カミナリは嫌いか?」
「いえ、その・・・」
 武太夫は決心すると、雷鳴(らいめい)のとどろく中、池に行って魚を取ってきました。

 それからもこんな事が何度もあり、武太夫はカミナリとアズキがゆ嫌いを克服(こくふく)していったのです。
 それから後、黄門さまが亡くなってから武太夫は、
「どんなに嫌いな物でも、努力で治せるものだ。それをわたしは、黄門さまから教えられた」
と、黄門さまの行動(イジワル?)を、とても感謝したという事です。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

黄門さまのイジワル

「ひかえおろう。この紋所もんどころ(もんどころ)が、はいらぬか」
と、
身分みぶんかくして日本にっぽんちゅうめぐ(めぐ)りあるき、悪人あくにんをこらしめる水戸黄門みとこうもん(みとこうもん)は、テレビなどで有名ゆうめいです。
 でも
実際じっさい黄門こうもんさまは学問がくもんつづけながらひっそりとらし、1700ねん(元禄げんろく13ねん)12月じゅうにがつにち、72さいしずかにったそうです。

 その
黄門こうもんさまはどものころ大変たいへんあくガキで、いつもともだちとあそんでばかりいました。
 ある
とき父親ちちおや殿とのさま黄門こうもんさまにたずねました。
「もし、
戦場せんじょう(いくさば)でわしがふかきず(きず)をまけ(お)ってたおれたら、おまえはわしをたすけるか?」
 すると
黄門こうもんさまは、
「いいえ。
たすけません」
と、きっぱり
いました。
なにだと! なぜ、ちちたすけぬのだ!」
と、き
きかえされて、
「わたくしは、
たおれた父上ちちうええて、てき(てき)とたたかいます」
と、
こたえたので、
「それは
見事みごと!」
と、
殿とのさまはとても感心かんしんしたそうです。

 さて、
黄門こうもんさまには三木みきたけし太夫たゆう(みきたけだゆう)という、おそばつかえるものがいました。
 
たけ太夫たゆう(たけだゆう)はどものころから、『カミナリ』と『アズキがゆ』が大嫌だいきらいで、それは大人おとなになってもなおりませんでした。
 ある
とき黄門こうもんさまはたけ太夫たゆうんでたずねました。
「その
ほう好物こうぶつ(こうぶつ)は、なにであったか?」
 すると
たけ太夫たゆう見栄みえ(みえ)をって、
「はい。カミナリとアズキがゆが、
だい好物こうぶつであります」
と、
こたえたのです。
「そうか。カミナリは
せぬが、アズキがゆならすぐにしてやるぞ」
 
黄門こうもんさまはアズキがゆをつくらせると、それをイジワルそうにしました。
「さあ、アズキがゆが
出来できた。遠慮えんりょく、べてよいぞ」
「はあ、・・・」
「うん? どうした? 
好物こうぶつであろう?」
「はい、・・・」
べぬのか? それとも、アズキがゆはきらいか?」
「いえ、その・・・」
 
たけ太夫たゆう決心けっしんするとかたをつぶり、アズキがゆを丸呑まるのみするようべたそうです。

 さて、それからしばらくたって、
黄門こうもんさまにおきゃくときことです。
 
そらきゅうくらくなり、ゴロゴロとカミナリがしました。
 
黄門こうもんさまは、しめたとばかりにいました。
「お
きゃくじんよ。じつはな、ここにはカミナリの大好だいすきなものがおりまして、あれがるとだいよろこびするのです」
 そう
ってたけ太夫たゆうせると、またしてもイジワルそうにいました。
「ほれ、お
まえだい好物こうぶつのカミナリがっておるぞ。うれしいだろう。すまぬが、投網なげあみ(とあみ)をうっていけさかなってまいれ」
「はい、その、それは・・・」
なにをしておる。カミナリはきらいか?」
「いえ、その・・・」
 
たけ太夫たゆう決心けっしんすると、雷鳴らいめい(らいめい)のとどろくなかいけってさかなってきました。

 それからもこんな
ごとなんもあり、たけ太夫たゆうはカミナリとアズキがゆぎらいを克服こくふく(こくふく)していったのです。
 それから
黄門こうもんさまがくなってからたけ太夫たゆうは、
「どんなに
きらいなものでも、努力どりょくなおせるものだ。それをわたしは、黄門こうもんさまからおしえられた」
と、
黄門こうもんさまの行動こうどう(イジワル?)を、とても感謝かんしゃしたということです。

 

おしまい

 

NHẬN XÉT

 
 

 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.