第13

章2-第13

 

聴:

 

 

牛になるまんじゅう

 

むかしむかし、あるところに、一軒のそまつな宿屋がありました。
 おばあさんがたった一人いるだけでしたが、とても親切そうなおばあさんだったので、時々泊まって行く人がいました。
 ところが不思議な事に、宿屋に泊まった人はみんな姿を消してしまうのです。
 そしてその宿屋では、お百姓仕事もしないのに牛を何頭も飼っていました。

 ある時、一人のお坊さんがこの宿屋に泊まりました。
「よく来てくれました。さあ、ゆっくり休んで行ってください」
 おばあさんは、一生懸命お坊さんをもてなしました。
(ほほう。見かけは悪いが、なかなか親切な宿屋だ)
 お坊さんはとても喜んで寝床につきましたが、その真夜中、ごそごそと音がするので目が覚めました。
(はて、何の音だろう?)
 お坊さんは起きあがって、音のする方の部屋をこっそりのぞいてみました。
 すると、どうでしょう。
 おばあさんがいろりの回りに、せっせとごまの種をまいているのです。
(おや? あんなところにごまの種をまいて、いったいどうするつもりだろう?)
 不思議に思いながら見ていると、床の上にみるみるごまの芽が伸びてきて大きくなりました。
 おばあさんはそれをつみ取り、何やらあやしげな粉と混ぜ合わせて、おいしそうなまんじゅうを作りました。
(これは面妖(めんよう)な。しかし、あのまんじゅうをどうするつもりだろう?)
 お坊さんは怖くなって逃げ出そうと思いましたが、こんな真夜中では、どこへ行ってよいかわかりません。
 仕方なく部屋に戻って、夜が明けるまでがまんしていました。
 すると朝早く、おばあさんがお皿にまんじゅうを乗せて持って来ました。
「お客さん、朝ごはんの代わりに、まんじゅうを食べてください」
(ややっ。これは、あのまんじゅうに間違いない)
 そう思ったお坊さんは、
「いやいや。ゆうべごちそうをいただいたから、まだお腹がいっぱいです」
と、言って、断りました。
 するとおばあさんは、がっかりして部屋を出て行きました。
 その時、近くの部屋で、
「モー」
と、言う牛の鳴き声がしました。
 お坊さんがびっくりして駆け付けてみると、部屋からおばあさんに引かれた牛が出て来ました。
「これはいったい、どうしたのです?」
 お坊さんが尋ねると、
「なに、わたしの飼っている牛が、部屋に上がり込んでしまったんですよ」
と、おばあさんはにこにこしながら、牛を庭の方へ連れて行きました。
 その時、牛の出て行った部屋をのぞいてみると、お客さんの荷物が置いたままです。
(わかったぞ。あのまんじゅうを食べると、牛になるんだ)
 お坊さんの思った通り、おばあさんは宿屋に泊まったお客を牛にして、牛買いに売っていたのです。
(なんて、恐ろしい事を)
 でもお坊さんは、何くわぬ顔で、
「すまんが、今夜も泊めてもらいます」
と、言って、宿屋を出て行きました。
 そしてお坊さんは町で本当のまんじゅうを買うと、その日の夕方、宿屋へ戻って来ました。
 すると、おばあさんは、
「お腹が空いたでしょう。すぐに夕ご飯を作りますから、それまでこのまんじゅうでも食べていてください」
と、言って、牛になるまんじゅうを出しました。
 するとお坊さんは、町で買ってきたまんじゅうをその横へ置き、
「いや、わたしもまんじゅうを買って来たところです。おばあさんのまんじゅうもおいしそうだが、こっちも食べてみてくださいよ」
と、言いながら、牛になるまんじゅうと素早くすり替えて、おばあさんに渡しました。
「それなら、先にあなたのまんじゅうをいただきましょうか」
 そう言っておばあさんは、お坊さんに渡されたまんじゅうを食べました。
 するとその途端、おばあさんの姿はみるみる牛になってしまったのです。
 こうしてお坊さんは、恐ろしい宿屋の主人を退治したのでした。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

牛になるまんじゅう

むかしむかし、あるところに、いちけんのそまつな宿屋やどやがありました。
 おばあさんがたった
いちにんいるだけでしたが、とても親切しんせつそうなおばあさんだったので、時々ときどきまってひとがいました。
 ところが
不思議ふしぎことに、宿屋やどやまったひとはみんな姿すがたしてしまうのです。
 そしてその
宿屋やどやでは、お百姓ひゃくしょう仕事しごともしないのにうし何頭なんとうっていました。

 ある
ときいちにんのおぼうさんがこの宿屋やどやまりました。
「よく
てくれました。さあ、ゆっくりやすんでってください」
 おばあさんは、
一生懸命いっしょうけんめいぼうさんをもてなしました。
(ほほう。
かけはわるいが、なかなか親切しんせつ宿屋やどやだ)
 お
ぼうさんはとてもよろこんで寝床ねどこにつきましたが、その真夜中まよなか、ごそごそとおとがするのでめました。
(はて、
なんおんだろう?)
 お
ぼうさんはきあがって、おとのするほう部屋へやをこっそりのぞいてみました。
 すると、どうでしょう。
 おばあさんがいろりの
まわりに、せっせとごまのたねをまいているのです。
(おや? あんなところにごまの
たねをまいて、いったいどうするつもりだろう?)
 
不思議ふしぎおもいながらていると、ゆかうえにみるみるごまのびてきておおきくなりました。
 おばあさんはそれをつみ
り、なにやらあやしげなこなわせて、おいしそうなまんじゅうをつくりました。
(これは
面妖めんよう(めんよう)な。しかし、あのまんじゅうをどうするつもりだろう?)
 お
ぼうさんはこわくなってそうとおもいましたが、こんな真夜中まよなかでは、どこへってよいかわかりません。
 
仕方しかたなく部屋へやもどって、よるけるまでがまんしていました。
 すると
あさはやく、おばあさんがおさらにまんじゅうをせてってました。
「お
きゃくさん、あさごはんのわりに、まんじゅうをべてください」
(ややっ。これは、あのまんじゅうに
間違まちがいない)
 そう
おもったおぼうさんは、
「いやいや。ゆうべごちそうをいただいたから、まだお
はらがいっぱいです」
と、
って、ことわりました。
 するとおばあさんは、がっかりして
部屋へやきました。
 その
ときちかくの部屋へやで、
「モー」
と、
うしごえがしました。
 お
ぼうさんがびっくりしてけてみると、部屋へやからおばあさんにかれたうしました。
「これはいったい、どうしたのです?」
 お
ぼうさんがたずねると、
「なに、わたしの
っているうしが、部屋へやがりんでしまったんですよ」
と、おばあさんはにこにこしながら、
うしにわほうれてきました。
 その
ときうしった部屋へやをのぞいてみると、おきゃくさんの荷物にもついたままです。
(わかったぞ。あのまんじゅうを
べると、うしになるんだ)
 お
ぼうさんのおもったとおり、おばあさんは宿屋やどやまったおきゃくうしにして、うしいにっていたのです。
(なんて、
おそろしいことを)
 でもお
ぼうさんは、なにくわぬかおで、
「すまんが、
今夜こんやめてもらいます」
と、
って、宿屋やどやきました。
 そしてお
ぼうさんはまち本当ほんとうのまんじゅうをうと、その夕方ゆうがた宿屋やどやもどってました。
 すると、おばあさんは、
「お
なかいたでしょう。すぐにゆうはんつくりますから、それまでこのまんじゅうでもべていてください」
と、
って、うしになるまんじゅうをしました。
 するとお
ぼうさんは、まちってきたまんじゅうをそのよこき、
「いや、わたしもまんじゅうを
ってたところです。おばあさんのまんじゅうもおいしそうだが、こっちもべてみてくださいよ」
と、
いながら、うしになるまんじゅうと素早すばやくすりえて、おばあさんにわたしました。
「それなら、
さきにあなたのまんじゅうをいただきましょうか」
 そう
っておばあさんは、おぼうさんにわたされたまんじゅうをべました。
 するとその
途端とたん、おばあさんの姿すがたはみるみるうしになってしまったのです。
 こうしてお
ぼうさんは、おそろしい宿屋やどや主人しゅじん退治たいじしたのでした。

 

おしまい

 
 
 
 
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS
  • English Page

App 3.0 ↓
A p p   F o r   P h o n e
  • Android
  •   
  • iOS