第12

章2-第12

 

聴:

 

 

おりゅう柳

 

むかしむかし、但馬の国(たじまのくに→兵庫県北部)の高柳というところに、とても大きな柳の木がありました。
 その高さは四十間(→約72メートル)、幹のまわりは二丈三尺(→約6.9メートル)という大きさで、五百年も前からそこにあるという事です。
 秋になると、この柳の落葉は遠く一里(いちり→約3.9キロメートル)も離れた九鹿村(くろくむら)まで舞い下りて行くのです。
 その九鹿村に、おりゅうという美しい娘がいました。
 おりゅうは高柳の造り酒屋に女中として奉行(ほうこう)しており、ひまを見つけては柳の木の下で過ごしていました。
 それを見た村人たちが、
「おりゅうは、柳の木の嫁さんだ」
と、言うほどです。
 また村人たちは、こんな歌も歌いました。
♪夕焼け小焼けの、紅かね(→お化粧)つけて
♪九鹿娘は、どこ行きやる
♪風もないのに、柳がゆれる 
♪娘恋しと、夕空に
♪柳の下には、殿ごがお待ち
♪おりゅう、いとしと、抱いてねた
♪娘ぬれてる、柳の露に
♪髪のほつれも、しっぽりと
 やがておりゅうは、可愛らしい男の子を生みました。
 すると誰もが、
「あの赤ん坊は、柳の木の精の子にちがいない」
と、思ったそうです。

 その男の子が五歳になったある日、京都で三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)のお堂を建てるため、柳の大木を棟木(むなぎ)にするから切り出す様にとの命令が下りました。
 それを知ったおりゅうは、悲しくて毎日泣いてばかりいました。
 やがて柳の木に、木こりたちがオノを入れる日がやって来ました。
 カンコン、カンコン・・・。

 次の日、木こりの棟梁(とうりょう)が柳の木を見ると、昨日オノを入れたはずなのに切り口がふさがっているのです。
「あれ? おかしい? 昨日、オノを入れたはずだが」
 棟梁は首をかしげながらも、木こりたちにもう一度オノを入れる様に命じました。
 カンコン、カンコン・・・。
 木こりたちは昨日よりも深い切り口を入れて、その日は帰りました。
 ところが次の日になると、また切り口がふさがっているではありませんか。
「馬鹿な!」
 棟梁は、不思議でたまりません。

 こんな事が何日も続いたある日、棟梁はこんな夢を見ました。
 棟梁のもとへヒョロヒョロとやせたヘクソカズラ (→アカネ科の蔓性多年草)がやって来て、こう言うのです。
「あの柳の木は、木の殿さまです。
 だから夜中になると、家来のヒノキや松が集まって切り口におがくずをつめているのです。
 そうすると、おがくずは切り口の中で固まって、元のようになるのです。
 わたしも殿さまを助けようと、おがくず拾いに来たのですが、ヒノキや松に、
『お前は、木の仲間じゃない。帰れ!』
と、言われましてね。
 それがくやしくてくやしくて、だから言いつけに来たのです」

 次の日、棟梁は切り口からこぼれたおがくずを、全部燃やして帰りました。

 その次の日、切り口はふさがる事なく、そのまま残っていました。
「よし、これで切り倒せるぞ」
 棟梁は毎日おがくずを燃やして帰り、ようやく柳の木を切り倒す事が出来たのです。
 すると不思議な事に、突然、おりゅうが死んでしまったのです。

 さて、やっと柳の木を切り倒したのですが、今度はどうしても柳の木が動きません。
 馬に引かせても、力自慢の大人が何十人で引いても、丸太になった柳の木はびくともしないのです。
「せっかく切り倒したのに、これではどうしようもない」
「何か、良い手はないか?」 
「そうだ。おりゅうの子に頼もう」
 棟梁の命令で、村人たちがおりゅうの子どもを呼びに行きました。
 おりゅうの子どもは母親を亡くしてしょんぼりしていましたが、村人たちに頼まれるとすぐに来ました。
 そして柳の木をなでながら、こうささやきました。
「ここには、もうお母さんはいないよ。ぼくと一緒に、都へ行こう」
 そのとたん、丸太になった柳の木が、ゴロゴロと動き出したのです。
 そして柳の木は、おりゅうの子どもと一緒に京都まで行って、三十三間堂の棟木になりました。

 

おしまい

 

ふりがな

 

聴: 

 

 

おりゅう柳

 

むかしむかし、但馬たじまくに(たじまのくに→兵庫ひょうごけん北部ほくぶ)の高柳たかやなぎというところに、とてもおおきなやなぎがありました。
 その
たかさはよんじゅうけん(→やく72メートル)、みきのまわりはたけさんしゃく(→やく6.9メートル)というおおきさで、ひゃくねんまえからそこにあるということです。
 
あきになると、このやなぎ落葉らくようとおいち(いちり→やく3.9キロメートル)もはなれた九鹿くろくむら(くろくむら)までりてくのです。
 その
九鹿くろくむらに、おりゅうといううつくしいむすめがいました。
 おりゅうは
高柳たかやなぎつく酒屋ざかや女中じょちゅうとして奉行ぶぎょう(ほうこう)しており、ひまをつけてはやなぎしたごしていました。
 それを
村人むらびとたちが、
「おりゅうは、
やなぎよめさんだ」
と、
うほどです。
 また
村人むらびとたちは、こんなうたいました。
夕焼ゆうやしょうけの、べにかね(→お化粧けしょう)つけて
きゅう鹿しかむすめは、どこきやる
ふうもないのに、やなぎがゆれる 
むすめこいしと、夕空ゆうぞら
やなぎしたには、殿しんがりごがお
♪おりゅう、いとしと、
いてねた
むすめぬれてる、やなぎ
がみのほつれも、しっぽりと
 やがておりゅうは、
可愛かわいらしいおとこみました。
 すると
だれもが、
「あの
あかぼうは、やなぎせいにちがいない」
と、
おもったそうです。

 その
おとこさいになったある京都きょうとさんじゅうさんけんどう(さんじゅうさんげんどう)のおどうてるため、やなぎ大木たいぼく棟木むなぎ(むなぎ)にするからようにとの命令めいれいりました。
 それを
ったおりゅうは、かなしくて毎日まいにちいてばかりいました。
 やがて
やなぎに、こりたちがオノをれるがやってました。
 カンコン、カンコン・・・。

 
つぎこりの棟梁とうりょう(とうりょう)がやなぎると、昨日きのうオノをれたはずなのにくちがふさがっているのです。
「あれ? おかしい? 
昨日きのう、オノをれたはずだが」
 
棟梁とうりょうくびをかしげながらも、こりたちにもう一度いちどオノをれるようめいじました。
 カンコン、カンコン・・・。
 
こりたちは昨日きのうよりもふかくちれて、そのかえりました。
 ところが
つぎになると、またくちがふさがっているではありませんか。
馬鹿ばかな!」
 
棟梁とうりょうは、不思議ふしぎでたまりません。

 こんな
ごとなんにちつづいたある棟梁とうりょうはこんなゆめました。
 
棟梁とうりょうのもとへヒョロヒョロとやせたヘクソカズラ (→アカネづるせい多年草たねんそう)がやってて、こううのです。
「あの
やなぎは、殿とのさまです。
 だから
夜中やちゅうになると、家来けらいのヒノキやまつあつまってくちにおがくずをつめているのです。
 そうすると、おがくずは
くちなかかたまって、もとのようになるのです。
 わたしも
殿とのさまをけようと、おがくずひろいにたのですが、ヒノキやまつに、
『お
まえは、仲間なかまじゃない。かえれ!』
と、
われましてね。
 それがくやしくてくやしくて、だから
いつけにたのです」

 
つぎ棟梁とうりょうくちからこぼれたおがくずを、全部ぜんぶやしてがえりました。

 その
つぎくちはふさがることなく、そのままのこっていました。
「よし、これで
たおせるぞ」
 
棟梁とうりょう毎日まいにちおがくずをやしてかえり、ようやくやなぎたおこと出来できたのです。
 すると
不思議ふしぎことに、突然とつぜん、おりゅうがんでしまったのです。

 さて、やっと
やなぎたおしたのですが、今度こんどはどうしてもやなぎうごきません。
 
うまかせても、ちから自慢じまん大人おとななんじゅうにんいても、丸太まるたになったやなぎはびくともしないのです。
「せっかく
たおしたのに、これではどうしようもない」
なにか、はないか?」 
「そうだ。おりゅうの
たのもう」
 
棟梁とうりょう命令めいれいで、村人むらびとたちがおりゅうのどもをびにきました。
 おりゅうの
どもは母親ははおやくしてしょんぼりしていましたが、村人むらびとたちにたのまれるとすぐにました。
 そして
やなぎをなでながら、こうささやきました。
「ここには、もうお
かあさんはいないよ。ぼくと一緒いっしょに、こう」
 そのとたん、
丸太まるたになったやなぎが、ゴロゴロとうごしたのです。
 そして
やなぎは、おりゅうのどもと一緒いっしょ京都きょうとまでって、さんじゅうさんけんどう棟木むなぎになりました。

 

おしまい

 

NHẬN XÉT

 
 

 
 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.