章1-第3

 

聴:


 

踊る三毛猫

むかしむかし、あるところに、三毛猫を可愛がっている三味線ひきのおばさんがいました。
 ある日の事、三毛猫に踊りを教えてみようと思ったおばさんは、いろりに鉄鍋をかけて、その中に三毛猫を座らせました。

踊る三毛猫

 それからいろりに少しばかりの炭火を入れて、猫の足がやけどしないぐらいに温めました。

踊る三毛猫

 鍋の中が熱くなってくると三毛猫は思わず立ちあがり、すかさずおばさんが鳴らし始めた三味線に合わせるように、熱くなった手足を動かして踊る格好をしました。
「そうそう、上手、上手」
 おばさんは猫が手を上げるとピン、足を跳ねるとトン、手足を下ろすとシャンと、上手に三味線をならしました。
 こうして少しずつ練習を重ねていると、しまいに三毛猫は三味線の節を覚えて、鉄鍋の中に入れなくても一人で踊るようになりました。
 おまけに節に合わせて、
♪ニャ、ニャン、ニャー
と、可愛く言うのです。

踊る三毛猫

 この踊る三毛猫の噂はあっというまに広まって、あちらこちらから、ぜひ三毛猫の踊りを見せてくれと頼んでくるようになりました。
♪トン、トン、ピン、シャン
♪ニャ、ニャン、ニャー
 ところが、三毛猫があまりにもうまく踊り歌うので、それをねたんだ人たちが、

踊る三毛猫

「あの三毛猫は、化け猫だよ」
と、言い始めました。

踊る三毛猫

 それからはおばさんは三毛猫の踊りを人には見せずに、自分だけの楽しみにしたそうです。

 

おしまい

ふりがな

 

聴: 


踊る三毛猫

むかしむかし、あるところに、さんもうねこ可愛かわいがっている三味線しゃみせんひきのおばさんがいました。
 あることさんもうねこおどりをおしえてみようとおもったおばさんは、いろりにてつなべをかけて、そのなかさんもうねこすわらせました。

踊る三毛猫

 それからいろりにすこしばかりの炭火すみびれて、ねこあしがやけどしないぐらいにあたためました。

踊る三毛猫

 なべなかあつくなってくるとさんもうねこおもわずちあがり、すかさずおばさんがらしはじめた三味線しゃみせんわせるように、あつくなった手足てあしうごかしておど格好かっこうをしました。
「そうそう、上手じょうず上手じょうず
 おばさんはねこげるとピン、あしねるとトン、手足てあしろすとシャンと、上手じょうず三味線しゃみせんをならしました。
 こうしてすこしずつ練習れんしゅうかさねていると、しまいにさんもうねこ三味線しゃみせんふしおぼえて、てつなべなかれなくてもいちにんおどるようになりました。
 おまけにふしわせて、
♪ニャ、ニャン、ニャー
と、可愛かわいうのです。

踊る三毛猫

 このおどさんもうねこうわさはあっというまにひろまって、あちらこちらから、ぜひさんもうねこおどりをせてくれとたのんでくるようになりました。
♪トン、トン、ピン、シャン
♪ニャ、ニャン、ニャー
 ところが、さんもうねこがあまりにもうまくおどうたうので、それをねたんだひとたちが、

踊る三毛猫

「あのさんもうねこは、ねこだよ」
と、はじめました。

踊る三毛猫

 それからはおばさんはさんもうねこおどりをひとにはせずに、自分じぶんだけのたのしみにしたそうです。

 

おしまい

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

NHẬN XÉT

 
 

 
 
 
Tiếng Nhật 360

Tiếng Nhật 360 - Luyện thi tiếng nhật

Find the latest bookmaker offers available across all uk gambling sites - Bets.Zone - Betting Zone Use our complete list of trusted and reputable operators to see at a glance the best casino, poker, sport and bingo bonuses available online.